安保法制の整備を憲法議論なしで済ませてしまうアウトローたち

‘【意見】大阪都構想 大阪市の解体が政局だけで決まるのに反対

と、地元でも大変なのに、現政権は憲法の解釈を180度変換して、同盟国とともにどこでも戦える国にしようとしている。
その同盟国のアメリカ合衆国は世界で一番積極的に戦争をする国なのだから、一緒にする戦争というのは、結局、世界各地どこでも戦争するという法律だ。

元自衛隊員として言えば、きちんと法体系を整備して、自衛隊をきちんと戦争する舞台にするか、それもと、完全に自衛のために置くのかははっきりして置いて欲しい。

しかし、
しかしである、

それはまずもって憲法をどうするか考えるべきだろう。

米軍と国籍不明の潜水艦を攻撃する訓練をしていても、法によって攻撃できないなら、そんなことしていても、しょせんゲームだ。
現場の日米兵士にははっきりとその意識の差がある。

いいかげん、「憲法で陸海空の戦力はこれを保持しない」とあるなら守ったらどうなのだ。最初に憲法を習った小学校の時からこれは絶対おかしいと思っていた。まずは守り、そのうえで再武装の論議をすべきだった。

これまでの政府解釈すらいい加減なものなのに、安倍のやっていることは、「憲法」万葉集の詩のように自由に解釈しまくることだ。
これだと、例え法律上可能にあんっても、憲法に反しているのだから、自衛官の「アウトロー」な境遇は変わらない。

なんか、やっつけ仕事のように目先だけを考えて行動するくせに、大上段に安保問題などを語る今の自民党議員や公明党議員は、元自衛官の私から見ると売国奴に見えます。
彼らが国家を守るなんて言い出すと白けてしまう。
文民統治のまえに、お前が憲法を守れよ。憲法を無視するなんてクーデターと同じやないか。

そろそろ、政治家の「決める」政治なんて大したことないと気づいたらどうですか。
原発もやめない、基地の移転も行わない。大阪都構想にもどっちつかずって。変だよね。安倍も公明党も恥さらしを続けるのは、「羞恥心」が無いんだろうな。

ああ、嫌になる。

こっちは軍事の専門記事
ミリタリー・ドット・サイバーネット 戦車TOP10 5位 アメリカ合衆国 M1エイブラムス戦車

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です