スバル インプレッサSP アイサイト搭載車のサンシェードはこれで決まり



インパクトのあり、でもぴったし
インパクトのあり、でもぴったし




アイサイトにもろ干渉
アイサイトにもろ干渉




GPSアンテナにも引っかかる
GPSアンテナにも引っかかる




STIブランド サンシェード 値段がね
STIブランド サンシェード 値段がね




クレトム サンシェード なら3千円弱
クレトム サンシェード なら3千円弱




ギア横の隙間にも収納可能
ギア横の隙間にも収納可能




インプレッサ 前のサンシェード小さすぎる
インプレッサ 前のサンシェード小さすぎる


アイサイト搭載スバルインプレッサSPに買い替えてから初めての夏。ヴィッツの頃から使っていたサンシェードはサイズが小さくて、しかもアイサイト搭載車の場合、ルームミラー周りにゴテゴテと装置があるので、サンシェードが干渉して固定しにくい。

スバルアイサイト搭載車にはフロントウィンドウの上部にステレオカメラがあり、ちょうどルームミラーの基部にあたる部分が少し盛り上がって、前方へカメラを向けている。このアイサイトのために、ルームミラーをはじめ、ドライブレコーダーやGPSアンテナ、ナビTVなどもすべて、アイサイトに干渉しないことが最も重要になる。
ドライブレコーダーなどはたいていルームミラーの基部にちょこんと設置することになる。

このことは運転者の視界などの点では全く気にならない。ちょうどルームミラーの陰になる部分でのことだからだ。またスバル車以外の車と比べても前方視界が制限される印象もない。
しかし、問題になるのがサンシェードとの干渉なのだ。
一般のフロントウィンドウ用サンシェードでは、サンシェードをフロントウィンドウいっぱいに広げ、ガラスとフレームとの境でつっぱり、サンバイザーで止めるというのが多いと思いますが、そのために、アイサイトやルームミラー周りのドライブレコーダーなどに干渉したり、下部の貼り付けのGPSアンテナに引っかかってテープが取れてしまったりする。取れたGPSアンテナが転がって気になるし(アンテナそのものはコードでつながっている)、ドライブレコーダーの撮影方向がずれないかなどと心配になるのだ。本当にウィンドウいっぱいの大きさのサンシェードならアイサイトのカメラにも当たらないか気になるところだ。
もちろん、それらの干渉のために隙間ができて、サンシェードの機能そのものが悪化するのも大問題である。

そこで、サンシェード買い替えようと検討することにした。妻はホームセンターで見た少し大きめの安いサンシェードがいいと言っていたが、サンシェード取り付けの構造上、その大きさが重要なのではないかと、数センチの差を検討するために、灼熱の車内に潜り込んでフロントウィンドウのサイズを測り、たくさんの種類のサンシェードをAmazonのお気に入りに入れて比較検討した。

条件は
1 ウィンドウ上部アイサイト周辺の装置に干渉しないこと。
2 スバル インプレッサSPのフロントウィンドウに合うサイズ。
3 サンバイザーで固定する、簡易な取り付け方法。
4 収納時はドアボックスなどに収まるとよりいい。前のものは後部座席に置いていたので、最悪それでも我慢する。

実際に測定したウィンドウのサイズは、
幅  148cm(下辺広い部分)
高さ  78cm
だった。

いろいろ探していると、STIブランドでまさにアイサイト搭載車用のサンシェードが売っていたが、STIブランドなので高い!

さらに探すと、円形スプリングが眼鏡のようにふたつ連なったタイプがあった。
値段も手ごろで、サイズも丁度、スプリングタイプは中央にくぼみができるので、アイサイト周辺をよけるのにちょうどいいのではないかと思った。

選んだのは、
cretom ( クレトム ) サンシェード 遮光フロントシェード L シルバー SA200


Amazonでポチ

商品到着、さっそく取り付けたのはもう秋の頃でした。
メーカーの適合車種より少し大きめを選んだのが正解でした。
アイサイト、ドライブレコーダー、GPSアンテナにも干渉せず、しかもスプリングで広がるのでガラスとの隙間も小さい。真夏の暑さでの検証はしていないが、まずまずの効果だろうと思う。そして期待以上だったのが収納性の良さ。インパクトのある広がりから想像できないほど簡単に折りたためるし、コンパクトになり、ドアボックスには余裕で収納できる。ギア横の隙間にも挟まる。

なので、スバル アイサイト搭載車 インプレッサ スポーツにはこのサンシェードがお勧めです。

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です