愚かな安全保障政策にあきれた

‘今の政権が国のために安全保障を考えているとは思えない。

やっぱり、一度くびになって拗ねた人物はダメだな。
言動が偏執的で、おべっか使いか、馬鹿ばかりが周りにいる。

おそらく、本当に直言する人を信じられず、猜疑心と依怙地だけで政策を進めているのだろう。

本当に国を守るなら、自衛隊員が、戦地で敵を前にしたときに自信を持って行動(戦うか引くかどちらにしても)できる環境が必要なはずだ。

今の自衛隊に海外での戦争を行う力はない。外国で武力行使できない装備・訓練なのだ。
自衛隊を本当に強くしたいなら、戦傷時の手当・年金の整備、予備役の本格的な導入、国内での行動の際の法整備が一番必要。
未だに戦車は一般道路を走行できない。
道路の幅による制限があるため、自衛隊の戦車は必要な大きさを満たせず防御力に問題のある状態になっている。

今の政権には現場の隊員の意見を聞く耳なもたないようだ。

ちゃんとした考察はこっち

本当の安全保障を国のために考えるー日本に原潜が必要な理由

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です