久々に硬派の軍事論「特攻というシステムについて」

‘久々に硬派な記事を書いた。

とかく日本のメディアは軍事に関して素人っぽい。

米軍のミニタリーレポートなどを見ると軍事に関して詳しく理性的に論じている。

米軍は特別にしても、大戦を経験した軍事大国にはある程度の軍事に関する理解力は必要である。

第二次大戦後は米ソの特別の軍事大国が軍事力で突出していたために日本には関係のない事項という認識があるが、2度の大戦に主役として参戦し、現在も世界で有数の軍事力を有する国の国民として責任ある監視が必要なのだ。

特攻というシステムについて

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です