EXCEL2010での「ゴールシーク」は【データ】>【What-If分析】



Excel2010のゴールシークの場所
普通見つかりませんEXCEL2010のゴールシーク


EXCELのゴールシークは、
消費税分値引きますって時に使える機能です。


公式サイトでは、
EXCEL公式サイトでのゴールシークの説明
感じに説明しているけど、

「ゴールシークとは、最適化分析ツールとも呼ばれるコマンド群の要素の 1 つで・・・」

って、分からんやろ○○EMOJI○○162○○EMOJIEND○○!


1000円のもん売ると弥生会計では1050円の売り上げになるけど面倒なので消費税分50円値引きます、っていうのを、
2345円のもん売った時の値引き金額を計算してくれる機能です。


それが昔のEXCELでは「ゴールシーク」って機能でありましたが、
EXCEL2010では、ぱっと見た感じ、見つからなくて、

何と

「What-If分析」?????

の中にありました。

お前が「WHAT」なメニューです○○EMOJI○○153○○EMOJIEND○○。

普通見つかりません○○EMOJI○○83○○EMOJIEND○○。


Microsoftがまたまたやってくれました。
Microsoftの日本法人がいかに仕事をしていないか分かります。
もしくは、彼らがいかに日本語の語彙が少ないことが分かります。


とにかく、
最終的な金額が○○円になるように値引き金額を操作するのは、
【データ】>【What-If分析】>「ゴールシーク」にあります。


本当は最高水準の表計算ソフト(死後)のEXCELですが、2010では日本語開発チームのために痛いことになっていました。 ‘

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です