THE KILLING 闇に眠る美少女 犯人は市長候補やった

‘「THE KILLING 闇に眠る美少女」

制作したAMCはちょっと古めの映画を放送するアメリカのケーブルTV局ですが、最近は独自制作のドラマで頑張っています。

このドラマは1つの殺人事件が13話かけてやっと解決される、ゆるゆると進むドラマですが、被害者の少女「ロージー・ラーセン」(名前が北欧っぽい)の家族の描き方が上手なので見ることにしました。

まだ、録画したままで全部は見ていませんが、どうやら犯人は市長候補の「ダレン・リッチモンド」ということらしいです(AMCのサイトから)。

賭博場に通っていたとか、政敵との確執とかいかにもな動機で、事件自体の意外性は少ない。

このドラマは人物描写を楽しむが正しい見方です。 ‘

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です