【名酒評価 主観的なお酒の感想】ミゲルトーレス サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ2007



ミゲルトーレス サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ2007
ミゲルトーレス サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ2007




表ラベル
ミゲルトーレス サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ2007




裏ラベル
ミゲルトーレス サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ2007


阪神百貨店の試飲会で選んだチリ赤ワイン。デイリーに使える値段でもしっかりした味わいと品の良さを持っている。
同時に飲んだモンテス・アルファに比べると上品さで敵わないが、これだけで料理と合わせて飲むなら十分に美味しく、和食との相性もいい。


ミゲルトーレス サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ SantaDigna Cabernet Sauvignon Reserve 2007
原産地 チリ
輸入元 三国ワイン
買った店 阪神百貨店梅田本店
アルコール度 14度
価 格 1365円
ブドウ品種 もちろんカベルネソーヴィニヨン


買うときのリストにはフルボディとあったが、実際はミディアム。そのあたりが料理との幅広い相性を作っているようだ。
少し安く買っているので、本当に1000円ほどのワインと比べると酷なのだが、その辺りのワインとは全くの別物。
生産者の意気込みが違うように思える○○EMOJI○○158○○EMOJIEND○○

自分はチリのワインと相性がいいのか、好きなワインが多いが、その中でもこれはコストパフォーマンスが高い。
和牛のステーキ、蟹なべ、チーズ各種などとも食べたが問題なく合わせられる。もちろん、ローストビーフとは抜群に合った。


最初から普段用に慎重に選んだのは間違いではなかった。これからも、このワインとは長く付き合うことになりそうだ○○EMOJI○○140○○EMOJIEND○○


サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です