海上自衛隊、念願の空母装備へ前進 いずも型DDH+F-35B

‘海自、念願の空母装備へ

◆海上自衛隊の空母装備の方針が打ち出された。


の記事をアップしました。



いずも型DDH いずも 空母への改修を目指す(海上自衛隊提供)

防衛省はいずも型護衛艦に米国が開発しているF-35Bを搭載し空母として運用することを次の防衛大綱に盛り込む方針を明らかにした。
海上自衛隊はようやく悲願の空母を手にすることになった。これまで米海軍空母機動部隊の護衛艦のごとく、米国の空母を守る部隊だった海自が、ついに、おらが殿様の空母を持つことになった。どんなに強力な空母であっても自分の国の者でない空母を守るより、役不足であっても、日本の空母を守る護衛艦でありたいと願うのは自然な気持ちだろう。

・いずも型護衛艦は


全通甲板をもつDDH(ヘリ搭載駆逐艦の意味)で、海上自衛隊で最大級の護衛艦。現在はSH-60やオスプレイなどヘリコプターを運用するように設計されているが、満載排水量は2万トン近くあり、全長は240mを超えるので、短距離離陸・垂直離着陸の能力を持つVTOL機なら運用可能と言われている。



F-35B (ロッキードマーチン社提供)

・F-35Bは


航空自衛隊が採用して調達を開始しているF-35Aの姉妹型で、F-35Aが滑走路で離発着する地上運用の一般型なのに対し、垂直方向の推力を生み出すリフトファンを持つ垂直離着陸が可能な戦闘機。アメリカ海兵隊や英国がハリアー戦闘機の後継機として開発を進めてきた。

海上自衛隊、念願の空母装備へ前進 いずも型DDH+F-35Bの記事へ

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です