なんだか楽しい年の瀬です。



鶴見緑地公園にて
快晴の素晴らしい天気のしたでのんびり




エアテックス賞受賞の作品M1A2エイブラムス戦車
スーパーキッズランド プラモデルコンテストで入賞したM1A2エイブラムス




第7回スーパーキッズランド プラモデルコンテスト
出品風景




コンテストでのギガントの情景メッサーシュミット Me 323
メッサーシュミット Me 323




ギガントの情景 部隊を降ろしているところ
飛行中の情景と連続している




長男の受賞作品「虹の国」?
長男の受賞作品




長島スパーランドで遊ぶ子供たち
空いていて乗り物乗り放題でした


例年、この時期は仕事に追われて大変な思いをしてきましたが、今年の年の瀬はなんだか楽しい事が続いています。


一番貢献したのは社長(妻)ですね。

何しろ、これまででも最大規模の仕事を自分がプロジェクトリーダーとして動いて成功させました。
これによって少なくとも今後数年は安泰です。


個人的には今年1年かけて作ったM1A2エイブラムス戦車の模型が第7回スーパーキッズランドのコンテストでエアテックス賞を受賞して、HARDER&STEENBECKのエアブラシを賞品にもらった。
昔からエアブラシの塗装には手間をかけて、たくさん勉強してきたのでこの賞で認められてとても嬉しい。

今回のスーパーキッズランドのコンテストは出品数も多く、特にタミヤ製の模型のカテゴリは競争率が高いので入賞すら難しいのですが、本当に良かった。

優勝はサンダーバード、といっても私も出品した米空軍アクロバットチームではなく、特撮SFドラマの方。
サンダーバード2号がコンテナを降ろすシーンをギミック付きで再現した模型で、おじさん世代にはインパクトがありました。

また、純粋なインパクトでは、ドイツ・ギガント輸送機の情景が圧倒的でした。
モデラーなら誰しもこういうのを作りたいと思います。


そして子供たちも活躍。

長男は絵画コンテストで入賞、ちょうど私の模型コンテストの発表日と同じ日で、親子で受賞でした。
なかなかこんな上手いタイミング無いですね。

でも、少し前まで顔のパーツさえ描けなかった長男(障害があるので他の子より発達が遅かった)が、自分の好きな事を絵で表現しているのを見ると感慨ひとしおです。


受賞のお祝いは、家族みんなで淀屋橋の華喜で食事しました。
前から贔屓にしてきた料亭で、ちょうど10月に新装開店したところで、開店祝いをかねてみんなで行きました。

当然、料理はとても美味しく、特に鴨のあぶり(正式名称は分かりません)が絶品。地元の特別の鴨で刺身で食べても美味しいほどの質でした。
お酒はもちろん日本酒。店主がこだわって集めた逸品を一合づついろいろ飲み比べしました。酒飲みには最高の贅沢ですね。

それと、店主は何も言いませんでしたが、何品かのお酒はサービスで出してくれました。

店主が自分でお酒を注ぐほどの心配りの精神はどのスタッフにも徹底され、とても楽しい時間を過ごせました。



そして、小さな事ですが、浜松の帰りによった長島スパーランドが空いていて乗り物に乗り放題でした。
天気も良くて、私好みの少し寒い(動き回るとちょうど良い)気温で、特に行列に並ばずたくさんのアトラクションを楽しめました。

子供たちも滅多にないほどの満面の笑顔で、見ていて家族の素晴らしさを実感しました。


私の周りでは色々な不幸が続いてきていたので、一際、自分の幸せを実感します。

まあ、これも全て、これまでみんなで人一倍頑張ってきたからですが、、
だから、心置きなく楽しむことにします。



サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です