【名酒評価 主観的なお酒の感想】バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドのチリワインたち



エスクード・ロホ
エスクード・ロホ Escudo Rojo




派手なラベル
エスクード・ロホ Escudo Rojo




裏ラベル
エスクード・ロホ Escudo Rojo




レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン
レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン Reserva Cabernet Sauvignon




こっちのデザインの方が良い
レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン Reserva Cabernet Sauvignon




裏ラベル
レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン Reserva Cabernet Sauvignon




マプ カベルネ・ソーヴィニヨン
マプ カベルネ・ソーヴィニヨン Mapu Cabernet Sauvignon




MAPUのシリーズは同じデザイン
マプ カベルネ・ソーヴィニヨン Mapu Cabernet Sauvignon




マプ メルロー
マプ メルロー Mapu Merlot




違いは字だけ
マプ メルロー Mapu Merlot




裏ラベル
マプ メルロー Mapu Merlot


ロスチャイルドの新興ブランドに力を入れているエノテカが阪神の正月福袋で出していた10本1万円のセットで飲んでみた。
総合的な感想を言うと、ロスチャイルドの伝統とチリの素直な産地の良さが上手く融合してかなりのレベルのワインになっている。
1本づつの詳しい値段は分かりにくいが、1本1000円のワインにしては十分に美味しいワインです。

ブランドとして、安心して買える品質と言って良いでしょう。


○エスクード・ロホ Escudo Rojo
 ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨンが主のブレンドだろう
真っ赤な安っぽいラベル(ロスチャイルド家の紋章らしいが)の割りに落ち着いたワイン。さすがの高級感。そこそこのヴィンテージワインに負けないレベル
正統派のワインで真っ向から勝負しようとしている。薫り高い。

○レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン Reserva Cabernet Sauvignon
 ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
これもオールマイティーな赤ワイン。王道を行く。バランスが良く何にでも合う。香りがしっかりしていて最初の印象は凄く上品。
その後、さすがに値段相応になるが、決して外れの味が残らない。無茶苦茶研究されているブレンドだな。

○マプ カベルネ・ソーヴィニヨン Mapu Cabernet Sauvignon
 ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
スパイシーで有機溶剤系。私は好きだが、妻はいまいちのようでした。

○マプ メルロー Mapu Merlot
 ブドウ品種 メルロー
メルロー好きの私にはとても潔いワイン。「メルローなんだからこれでいいだろう」という開き直りが作り手から伝わる。
しっかりした深みのある味。でも一級品に比べると後味がいまいち。


原産地 チリ
輸入元 エノテカ
買った店 阪神百貨店
価 格 約1000円


このクラスなので、味はブドウ品種により大方の傾向は決まっているが、全体のバランスはとても良い。

チリ産なので、安い単価で買い取ったブドウの内いいものだけを選べるからだろう。逆に言えば悪い生育のブドウは捨てていると思う。
この価格でこの品質ということは、絶対にフェアトレードではない。

そうだな、このクラスなら2000円程度でもいいぞ(安)

輸入の扱いがエノテカなのでまた阪神のフェアで出てくる企画だが、今度も買ってみてもいいな。
特にエスクードとレゼルヴァは良いワインだった。

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です