NHK FM「サウンド・ストリート」が復活!?

‘昔、まだインナーネットで音楽の配信なんか無いときには、いつもFMから新しい音楽を聴いていた○○EMOJI○○61○○EMOJIEND○○。

自分の世代では洋楽といえば80年代以降のMTV世代なので、普通ならそれ以前の音楽には馴染みが薄いはずなのだが、父のレコードコレクションと二人の兄と天性の凝り性とNHKのFM番組から沢山の音楽を教えてもらった。

その頃のNHKのFMは沢山の人が聴くとか考えずに、「これは必要」とまさに公共放送的なこだわりで選曲していたように思う。
クラッシックの放送も多かったし、世界中の民族音楽を自分で録音して放送している番組もあった。ある種、FM放送の黄金時代だったように思う。

さて、その中では結構人気のあった番組が「サウンド・ストリート」という番組で、曜日ごと色々な、癖のあるDJが主に洋楽を中心に放送していた。私のお気に入りは渋谷陽一。ロッキング・オンの編集長で筋金入りの音楽評論家。彼の意見はとても参考にしていて、レッド・ツェッペリンやピンクフロイド、シンニード・オコナーなんかは彼の意見でレコード買ったものです。

そのサウンドストリート、NHKでも今更ながら伝説になっているらしく、このほど番組を回顧するサイトを作りました。トップページが鈴木英人の絵だったり、80年代初頭の洋楽ファンの懐かしさをそそります(変な日本語○○EMOJI○○144○○EMOJIEND○○)。
特に当時の番組の録音を流すページでは色々思い出がよみがえります。(但し、著作権の関係で音楽そのものは冒頭の一部しか聴けない○○EMOJI○○143○○EMOJIEND○○)

当時の番組の一部が聴けます ブログパーツ↓↓↓



80年代以前の洋楽ファンのかたは一度覗いてみてください○○EMOJI○○84○○EMOJIEND○○。

「青春ラジカセ」NHK「サウンドストリート」回顧サイト

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です