谷町9丁目の創作鉄板料理 ふなお(funao)

‘リッチで上品なお好み焼きを食べられる店である。

ここは元々友人の紹介であるが、大阪でも貴重な種類のお店である。

東京など関西以外の友人が来た際、たらふく食べる人○○EMOJI○○144○○EMOJIEND○○を接待するにはまず「粉モノ」である。
東京では滅多に関西と同レベルのお好み焼き屋さんやたこ焼き屋さんが無いので、まずもって美味しい○○EMOJI○○158○○EMOJIEND○○。
そして、割合に安価でお腹いっぱいになる○○EMOJI○○159○○EMOJIEND○○。
飲み物も、普通、ビールなどの安いお酒を合わせることになるので、接待としてはとても安くつくのだ。

しかし、大事なお客さんをそこらへんのチェーンのお好み焼き屋さんに連れて行くのはちょっと心配だと言う時、このお店なら安心である○○EMOJI○○146○○EMOJIEND○○。

店のオーナーはTVでも大活躍している「鉄板神○○EMOJI○○124○○EMOJIEND○○」と呼ばれるマスターで、チョー有名人で、店にも良く出ているので会うこともしばしば。
おそらくそのオーナーやお店の料理人の心意気のためと思われるが、お店には、「鉄板焼き」といってもただ焼くだけの料理ではないとの意識が充満している。

ここにはサーロインステーキとお好み焼きがひとつのコースで食べることが出来るが、料理人の「鉄板さばき」を見ていると(勿論、その後食べると)、その二つが全く違和感無く調和している。だから、ここでお好み焼きを食べるときにはもっぱらワイン○○EMOJI○○52○○EMOJIEND○○を飲む。
全体が、高級ステーキ屋さんの雰囲気を持ちつつ、お好み焼きやそば焼きを注文できるのだ。
「ああ、こんなお店大阪にしかないよ」と感嘆しつつ味わうワインが最高に美味しいお店です。

それに、お好み焼き以外の料理も厳選素材で、一流の鉄板焼き屋・ステーキ屋に負けません。
私は神戸が地元で、美味しい和牛のお店にはこだわりがあるが、ここは抜群のコストパフォーマンスである。
メリケンパークオリエンタルホテルのステーキハウスの3分の1の価格で倍の美味しさのお肉を食べられます○○EMOJI○○160○○EMOJIEND○○。

「創作鉄板料理ふなお」の公式HP

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です