銀の匙


子供の頃から『銀の匙』は読むように言われて来ましたが、やっと読む機会を得ました。
 読んでみるまでどのような内容の本なのか全く知らずにいたので、こんなに勧められるのだから切ない感動ものの本なのかな?などと勝手に想像していました。


 実際に読んでみて感じたことは、少年がその時々に綴ったように感じられるような、少年の透き通った目に映った光景、情景、心情が語られているように思いとても気持ちの良い読後感を味わいました。小説としては未完の作品であっても十分心に染みる物があり、名作とはこう言う作品を指すのだと感じました。
 『銀の匙』は夏目漱石が絶賛したと言われていますが、さすがに夏目漱石ですね。

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です