芥川龍之介著『蜜柑』

‘芥川龍之介の短編小説『蜜柑』を読みました。
芥川の小説は教科書でもよく取り上げられますが、どの小説も印象に深いものが有りますね。


  芥川龍之介全集〈3〉
今回読んだ『蜜柑』は電車の3等車両で乗り合わせた紳士と田舎娘の何でもない出会いと、紳士の心の情景を描いたストーリーですが、
小説の中はどの箇所も風景、雰囲気、気持ちなどがはっきりと伝わって来て、自分も同じ車両で光景を見守る一人の乗客のような気持ちにさせられます。
読後感は、爽やかな気持ちの良い話だったときっと誰もが感じるのではないでしょうか?


サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Amazonアフィリエイト