Apple Software Updateが削除できない 場合の対応

‘Apple Software Updateが原因でApple製のソフトウェアがインストールできない、更新できない場合。

どうもApple製品との相性が悪い。

Mac派の人はあのスタイリッシュでスマートなデザインゆえにAppleを愛しているが、私はコンピュータのアルゴリズムが見えるような仕様に馴染んでしまっている。

Appleはハードとソフトを一体と考えるので、ハードからソフトまで一貫した仕様で設計している。
Appleのサポートソフトウェア群はApple製のソフトウェアの動作に必須のもので、Windowsアップデートのように単独のソフトウェアだけをアップデートするような動作になっていないので、古いApple Software Updateが壊れて、アンインストールできなくなると、新しいApple製ソフトウェアがどれもインストール・更新できなくなってしまう。

無理やりフォルダを削除しても、レジストリに情報が残っていて、Appleソフトウェアがそれを参照するのでインストールを中止します。

これを直すには、Microsoft の「プログラムのインストールとアンインストール」ユーティリティというツールを使ってレジストリの修復を行います。
プログラムファイル名はMicrosoftFixit.ProgramInstallUninstall.
でMicrosoftのサイトからダウンロードできます。

これで目的のソフトウェアを選択してアンインストールを「試行」する。

これが正常に完了すれば、またApple製品をインストール・更新できるはずです。

Windows で Apple 製ソフトウェアを削除しようとすると、「選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります」という警告が表示される


サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です