息子に贈る本 2013夏休み編

‘うちは息子が3人いる。
一番上が小学2年生で、次男は6歳、年長組だ。

この微妙な年齢差と性格の違いからこの二人が同じように楽しめる本を見つけるのは難しい。

小学2年の長男にはそろそろ本から学ぶことを覚えて欲しいし、
6歳の次男には本を楽しんで欲しい。

なので今回は、少し考えて読むような本で、男の子にある程度刺激になりそうな本を含めて見た。

いつも怒られている長男と怒っている私には「おこだでませんように」を。
それと、生まれついてのコレクターで、食べ物やおもちゃもいつも「予備」を欲しがる次男には「なんでもふたつさん」も。


これは課題図書









「自殺うさぎ」は、先に見てみて、刺激が強すぎるときはもう少し大きくなるまでお預け。







サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です