マリオは相変わらず任天堂のキラーソフトやな

‘売れ行き好調の任天堂3DS。

昔のスタッフの二人の娘を持つ父親が、「週末は子供のためにDSで経験値集めする」とか言うのを笑っていたが、まさに今の自分がその状態。

息子に「ここのボス倒して!」と言われ、ネットで攻略方法を探す始末。
今ではポケモンの専門家。

でも、マリオはママが専門。自分は昔からこの髭のキャラが嫌いなのだ。ファミコン時代にソフトの開発に苦労したのも一因。
プレステの開発のしやすさに狂喜したものだ、懐かしい。

3DS用にも任天堂がキラーソフトを投入。3Dな特徴が活かせるかがソフト開発の決め手。3Dである必然性がないと目の疲れる3Dにはしなからな。。Amazon販売でないとAmazonの特典はないらしい。



サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です