【PC Tips】Docomo携帯 SH02AでMTPモード接続の失敗、WMPでWMAファイルを転送するとき



音楽データの入っているMMFILEフォルダ
音楽データの入っているMMFILEフォルダ




これが問題のWMPInfoファイルこれを削除
これが問題のWMPInfoファイルこれを削除


DocomoではWindowsMediaPlayerで直接携帯へ音楽を転送できるので便利です。

私はApple(Adobeも)嫌いなので、私的には、ituneやiPodを使いません。
(仕事ではしょうが無しに使っています)

メインの音楽管理ソフトはWindows Media Player(WMP)なのですが、
大抵の場合、周辺のデバイスやソフトとの相性が悪くて色々苦労しています。


ですが、そう言った相性の悪さ(Microsoftが独りよがり)の中で、
Docomoの携帯とWMPとの相性の良さは別次元のもの言えるほど便利でした。

携帯本体、ツールソフト、WMP、どれも良く出来ています。

携帯のWMPとのリンク部分のソフトを作った人は素晴らしい仕事をしています。


しかし、ある日出張に備えて音楽ファイルを整理して、携帯に移そうとすると、

「MTPモードに接続に失敗しました」

と表示され接続できず、WMPとの同期も出来ません。
無理に転送しても(SDモードで)、携帯のMusicPlayerで認識出来ないところにコピーされてしまいます。


本来は、USBドライバさえ入っていれば、接続ケーブルでつなぐだけでWMPが認識するはずです。
(このあたりの事はマニュアルをご参考に)


あちこちのサイトには、
SDカードをフォーマットするとか、WMPの新しいランタイムをアンインストールするとかありましたが、

既に入っているSDカード内のデータを犠牲には出来ないし、わざわざバックアップを取ってフォーマット出来ない。


これまで、同種の製品の開発経験から、デバイスの接続といえど、その認識が案外原始的なことは知っていたので、
SDのフォーマットでこの不具合が直るという症例をヒントにSDの中身を見てみた。
(マイクロSDをカードリーダーで読む)

すると、WMPのWMAファイルの保存される、
\PRIVATE\DOCOMO\MMFILEのフォルダ内にWMPInfo.xmlというMicrosoftが好きそうなファイルがいた。
このファイルは、接続しているPCのWMPを識別するための情報が入っているようでした。


つまり、このファイルなどで、実際の「同期」をしようとするので、このファイルの情報と実際のWMPの状態が異なっているとエラーになり、
「ファイル情報との不一致」が⇒「MTPモード接続失敗」
となるのでした。


なので、このファイルと、念のために\PRIVATE\DOCOMO\MMFILEのフォルダを削除して、再度携帯を接続すると正常につなぐことが出来た。


ネット上にリスクの高い方法がいっぱい載っていますが、実際は一部ファイルだけの問題でした。

一部の情報を信じて早まると失敗します。


それと、携帯との接続ケーブルはしっかりしたものを使うこと。
USBでは案外ケーブルが原因で接続できないこともあります。
(プリンタやHDDなど転送量の多い場合は、延長や分岐をさせないほうが良い)






サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です