今月も日本の軍事雑誌は低調です。朝鮮戦争が始めっても同じ調子だろう。

‘いつもの定番のマニア本12月

周りが騒がしいのだけど、ミニタリ雑誌の老舗は案外クール

なんで、日本人は軍事に疎いのかな、同じ島国でもイギリスとは大違いや。
米国の安全保障政策が日本人の政治気質にまで影響を与えているのが面白い。
政治学的な考察を加えても面白いぞこれは。

PANZER 12月号

SPEARHEAD
総火演に行った記念。でもこんな本売れないこと間違いなし


世界の艦船1月号



ついでに
半田作業に


最近、上の子供が「地球が回って夜になるんや」と地動説をとなえ始めた。
下の子供が、月夜にお月さんを見て「お月様がついて来る」と言うと、兄は、「月は止まっているんやで」と説明していた。
月の影が地球のそれであることも、つたない言葉で説明していた。
小さな天文学者にこの本を贈る。


顕微鏡は小さい頃にもワクワクしたな。宝物のひとつやった。
ディスプレイで見るなんて、当時は電子顕微鏡くらいやったが、今では千円ちょいで手に入る。
望遠鏡より顕微鏡の方が面白いよな。


知育玩具の王様はこっち




メインのコンポがPCになってしまったので、
かわりにこいつを
ドックコンポ

CDプレーヤー


サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です