カンツェラー アウスレーゼ Kanzler Auslese Rheinhessen 2005 Schales



カンツェラーアウスレーゼ_全体
カンツェラーアウスレーゼ_全体




カンツェラーアウスレーゼ_表ラベル
カンツェラーアウスレーゼ_表ラベル




カンツェラーアウスレーゼ_裏ラベル
カンツェラーアウスレーゼ_裏ラベル


いつも贔屓のRoteRoseが仕入れたアウスレーゼのワイン。

RoteRoseはドイツワイン専門の輸入業者なので、白の甘口のワインが多いのだが、私自身は辛口のワインが好み。

基本的に料理と合わせて飲むので、甘口だと合わせるのが難しいのだ。

でも、そんな注文をしても、ローテローゼの人がこれを薦めた。
そんな飲み方でも合うと言うのだ。

家に帰ってから、半信半疑の気持ちでこのワインを開けた。


甘口、甘い、でも、それに終わらない上品さがある。

確かに甘口だが、全体の味わいは赤のカベルネなどと肩を並べるバランスなのだ。

ノンアルコールで料理を食べる人がジンジャーエールと合わせるより、ビールと合わせるよりずっと料理に合うのだ。

甘さの上に、フルーティーさと渋みが調和して、絶妙のバランスを発揮している。

飲み進めても味わいが変化しない。このあたりは甘口のワインの良さを残している。

アサリのワイン蒸しとヴィタメールのチョコケーキ、熟成したゴーダチーズと一緒に飲んだ。
美味しかった。

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です