イオンモールリーファ ジャスコの火曜市の本気度に感心した

‘大阪に移ってから、鮮魚はもっぱら梅田の阪神百貨店で買っていたが、最近、ジャスコの火曜市とやらで売りに出る鮮魚の質に感心している。

先々週、病院の帰りにたまたまジャスコに寄ると鮮魚コーナーで丸物(1匹もの)の魚が鮮魚コーナーの端で色々売っていた。

時節柄、そんなに種類は多くなかったが30CMクラスのコロダイが1980円、一回り大きいマダイも5000円台で売っていた。

縁起をかつぐ必要もないのでコロダイを丸のまま買った。


大変上手かった。


半身を刺身にして、反対の半身を焼いて、残り、あらを含め鍋にした。

それでも鍋が満タンになるほどの大きさであった。

刺身は淡白であったが、旨みは十分で、この時期のコロダイを十分味わった。

逆に、あらを入れた鍋には旨みがたっぷり出て、かなり濃厚な味になり、予想通り、野菜類が無茶苦茶美味かった。


このときの記憶があったので、役所での用事のあと、再び火曜市に訪れた際に、またまた鮮魚コーナーを目指した。


この日も、真鯛やイサキ(旬!)、鯖などが生き良く並んでいた。

本当に見た目も、漁協の市場にあるくらい生きがいいのだ。

さすがに、ジャスコなので、漁師さんの締め方はいまいちのところもあるが(タイなどで血抜きが少し下手)、捕ってから並ぶまでの時間は確かに早い。

イサキの皮もピチピチだった、皮が美味そうだった。


しかし、今回は横に並ぶ20CMクラスの石鯛を買った。

純粋、あまり大きいと食べるのに困るからだ。
タイを半身で売ってくれとお願いすればそれで売ってくれるだろうが、やっぱり魚は丸のままのほうが美味しそうなのだ。


この石鯛、季節とはいえ、余りに美味かった。

阪神百貨店で買うのより美味しいかもしれない。

石鯛なのに、はっきりと甘みがあり、身もしっかりとして綺麗で、臭みなんかどこにもなかった。

5枚におろした身は全部刺身にしたが、食べやすいのでペロリと平らげた。

また、顔の部分などの身が余りに美味そうだったので、オリーブオイルでさっと焼いて焦げ目をつけ、ドレッシングとパセリなどでカルパッチョにしたが、、格別の美味さだった。

後からにして思うが、3匹くらい買っても良かった。


ジャスコなんて鮮魚は買えないと思っていたが、火曜市で売る鮮魚は本気のものだ。
料亭で出されてもおかしくないレベルだ。

新聞記事に、イオンジャスコのグループが鮮魚などで質を重視した仕入れを行うと以前に読んだが、まさにそれを実行しているようだ。

これからも火曜日にジャスコによることがあれば鮮魚コーナーは、必ず寄ることにします。

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です