「Walking Tour」というFlashの物語

‘Flashで作った感動物語○○EMOJI○○159○○EMOJIEND○○

アマゾンのアフィリエイトの説明を読んでいて、ここの〔読書普及研究所〕紹介があり、その中で「フラッシュの映像で、これだけ泣いたのは初めてです。」とあったので、どんなんかなと思って見てみた。

人生を歩き続けることと言い、熊かウサギか分からんキャラを主人公に、人生と死を描いている。

単純なFlashで簡単に作れる絵でも、ストーリーをきちんと作れば、ここまで見れるFlashになるのか。
今後も、こんな形での表現って増えてくるでしょうね。

各国語に訳されていて、絵本も出ているらしい。

でも、物語自体は期待するほどではない。私はかなりの感動屋ですが、この程度の表現力ではダメですな○○EMOJI○○156○○EMOJIEND○○。まだまだ修行が必要。
Flashアニメでの表現が目新しいだけ。

それと、このサイト(読書普及研究所)紹介している本がしょうもない!これで普及できるのか?
アフィリエイトでは成績がいいらしいけど、私がこのサイトを参考にすることはないな。

WalkingTourの日本語のサイト

絵本はこれ

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です