トイレの修理

‘ トイレのタンクからいつもチョロチョロ水の流れる音がしていたので修理に来てもらったところ、タンク内の部品を全部交換すると言う結構大掛かりな修理になってしまいました。
 初めは底のゴムがボロボロになっているから、それを交換したら大丈夫だろうと言うことでしたが、部品のツマが片方折れていることが分かったという話でした。
 修理屋さんに教えられたことで「ふぅん」と感じたことは、ブルーレットなどのタンクに置いたり入れたりする薬剤を使用すると、薬剤が小さくなってタンク内に入ったときにパッキンの間に挟まって水が止まらなくなる現象が起こることがよくあるそうです。だから、なるべく使わない方が良いと言われました。私は理由なく今までタマタマ使っていませんでしたが、そう教えられて今後は意識して使うのをやめようと思いました。それだけです(~_~)

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です