緋色の研究


 シャーロックホームズとワトスンの出会いが書かれているし、初めて同行して携わった事件がまたすごい。
 まず殺人事件があって、現場の壁に血文字で復讐と書かれていたりで、どんな展開になるのかと読み進めて行きましたら、犯人が捕まったあとの第2部でことの経緯が説明される。
 最後まで読んで、この事件が成就せずに終わらず、無事成し遂げられたことに対して満足すら覚えてしまいました。 ‘

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

暑い…

次の記事

趣味も真剣に…