最新のOutlookでメール送受信時に「インターネットセキュリティ警告」が出る場合の対処方法

‘最新のMicrosoft Office 2018などのOutlookに自社ドメインのメールアカウント(POP)を設定した際に、
設定は完了するものの、送受信のたびに、
以下のような警告が出る場合があります。





インターネット セキュリティ警告
接続しているサーバーは、確認できないセキュリティ証明書を使用しています。
対象のプリンシパル名が間違っています。
このサーバーの使用を続けますか?



この警告は、
OutlookがPOP3でのメールの送受信を最新の暗号化通信をデフォルトで使おうとするのに、
独自ドメインのサーバーが暗号化通信に対応していないので出ます。

普通に、使用するで「はい」をクリックすればメールの送受信は行えるのですが、毎回出るのはうっとうしいので、修正する方が良い。

メールサーバが暗号化通信に全く対応していない場合は、Outlook側のメール設定で、暗号化通信を選択しないようにします。

まず、
最新のOutlook2018などだと、最初の設定時以外メールの設定画面に入れない。
以下の手順でメールの設定画面を開く。
〔 ファイルメニュー > アカウントの設定を開き 〕
画面のような画面が開けば、



〔 目的のメールアカウントを選び > 「変更」ではダメで、「修復」を選択する。 〕

下画面のような、最初のメール設定のような画面になるので、


〔 詳細オプション > 自分で自分のアカウントを手動で修復を選択 〕
?

最初はこのように、POPアカウントの設定画面が表示され、
暗号化された接続を使用し、ポート番号も995などになっているので、


これを、下のように変更します。


一般的なサーバーの場合ポート番号は、
□ポート番号は 110 
□このサーバーでは暗号化された接続が必要のチェック を外す
?
同じように、
送信サーバーの設定も変更します。


これを、下のように変更。


□ポート番号 587
□暗号化方法のドロップダウンリスト なしを選択

最後に修復をクリックして、完了します。

こうすれば、警告は出なくなります。
?
但し、最近のほとんどのサーバーは暗号化通信に対応しています。
さくらインターネットなどでは、独自ドメインでは暗号化通信が利用できないが、メールサーバーそのものは暗号化通信に対応しており、
メールサーバーの指定を、
□  dokuji.com
のような自社ドメインではなく、初期ドメインの、
□  dokuji.sakura.ne.jp
のように、さくらインターネットのサブドメイン指定で設定すれば、普通に暗号化されたメールの送受信が行えます。
大概の最近のサーバーなら
こちらの方がおすすめです。
受信メールは、


送信メールの設定は、



これで警告も出ず、安心してメールを利用できます。






サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です