自転車ライトLED化、マウントバーで取り付け自由に

‘自転車を乗るのはもっぱら昼間だけなので自転車ライトはずっと古いハロゲンライトだったが、
夕方などに、対向する自転車がLEDの明るいライトを点灯していると、車からも見やすくよさそうだと思っていた。

しかし、私の場合、硬派な古いMTB(NISHIKI)を愛用していて、しかも、前かごをハンドルマウントで付けているので、
ライトが前かごに干渉して、うまく前を照らせていなかった。
ちなみに、前かごは花や野菜の苗を運ぶためである。(ボタニカルベランダー兼サイクリスト)

そこで、ライトのLED化とマウントの改良をすることになった。

LEDライトはこれまで使ってきたCAT EYE

これまでハロゲンだったのだから、明るさはどれを選んでもOKなはず。→OKでした。
スマートフォンやタブレットを持ち歩かない私にはUSB充電は不安だったので、乾電池、ニッケル水素、充電カートリッジOKのタイプにしました。
→結局どれやねん。

さらに、少しでも高さのあるやつを選びたかったので、これにしました。
ECONOM Force RECHARGEABLE [[]HL-EL540RC] ニッケル水素充電池 エコノムフォースリチャージャブル


しかし、スマートフォンユーザーでサイクルコンピュータの代わりにスマートフォンを使うような人にはUSB充電環境もあると思うので、
ほぼ同タイプでリチウムイオン電池USB充電のこちらが良いかも、
VOLT200 リチウムイオン充電池 USB充電 ボルト200 HL-EL151RC


もっとも、もっと安いこちらでも普通にOKです。
[[]HL-EL140] ブラック JIS前照灯規格適合品



そして、メインのマウントバーは、
いろいろあるが、単にライトを載せるだけなので荷重は気にせず、こちらに。

同等品でブランド違いがあるようです。


実際使ってのレビューは後日。








サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です