マロと羽寧(ハネ)の日々

羽寧

寝てる時の羽寧、顔が黒すぎて眼がどこにあるか分かりません

久しぶりの更新ですが、犬たちはぐんぐん成長しています。

犬たち!

そうです。新たな仔犬がやってきました。

妹犬、羽寧(ハネ)です。
秋田犬の女の子、毛色は虎毛です。

2021年の12月生まれ
血統書付きの、育ちの良い仔です。

元々、秋田犬を飼っていた私ですが、こんなに可愛い子は見たことありません。

hane

羽寧(ハネ) 秋田犬 女の子


来てすぐのころ。
先住犬のマロの臭いがあっても、リラックスしています。

お兄ちゃん犬、マロにじゃれてかみつく羽寧ちゃん
先住犬、マロとも初日からしっかり遊んでいます。
噛みついても、マロは平気なようです。
可愛い妹が出来て喜んでいますね。

マロはこんなふうに遊んだ経験が無いのですが、友達兄弟犬のくぅと楽しく遊んだ記憶もあって、
仔犬への扱いは、なかなかのもんです。

しっかりしたブリーダーさんでは、
仔犬は、生まれてからも、母犬や飼い主の愛情を一身に受けて育つので、
本当に、警戒心がありません。
保護犬と全く異なる点です。
どこに居ても、ゲージの中でも、自分が苦痛を感じるまでは、全く警戒しません。
捨てられた経験がないので、離れていても、捨てられるとは全く考えません。
これが、保護犬と全く違う点です。

本当に、優しく、いつも母犬や飼い主に見守られて育てられてきたんだろうなと感じました。

最初はこうやって入れないようにしていた
羽寧ちゃん、
トイレトレーニングの間はリビングに入れません、

入室禁止のリビングの境界で眠る羽寧
自分でもここは入ってはいけないと分かると、ドアの境界まで来て、体半分だけ入って寝てしまいます。

でも、家に来てから、1週間も経たないうちにトイレを覚えて、
今は、マロと一緒にリビングや庭も駆け回っています。

サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

前の記事

犬は白菜好き