【OfficeTips Microsoft Outlook】Outlook2003で2重に出来てしまった連絡帳(連絡先)を削除する方法

‘不具合(LDAPの)により参照も削除も出来ない(「フォルダが削除されたか権限がありません」とメッセージが出る)連絡先フォルダを削除する方法です。


メールのあて先を表示したときの連絡先の順番の変更もどこでするか分からないので有名ですが、不具合連絡先となるとどうすればいいのか、。。
(上の方法は別の記事にて書く予定)


Microsoft Outlookの連絡帳(連絡先)は連絡先専用のフォルダに格納される。

この連絡先フォルダがふとした場合にダブって作成される場合がある。
「個人用フォルダ」ー「受信トレイ」
 ー「予定表」
 ー「連絡先」
 ー「連絡先」
のように。。

私の場合は、新しいPCにOutlookのデータを移そうとして、移行先の連絡先とは別にインポートしたときにそうなった。
二つの連絡先の間でコピーしようと思ったのだ。


これが消せないのだ○○EMOJI○○142○○EMOJIEND○○。一切アクセスできない○○EMOJI○○144○○EMOJIEND○○。


片方(移行先のPCに元々あった連絡先フォルダ)には正常にアクセスでき、中身も見れるのだが、新しく出来た連絡先には参照も出来ず、そこをクリックすると「フォルダが削除されたか権限がありません」とメッセージが出る。


結局、別の方法で連絡先は移行させ、不要なこのフォルダが残った。

フォルダを右クリックで削除、選んでDELなど普通に思いつくことはしてみたがダメだった。
そもそも、Outlookはこのフォルダが無いものと思っているかのようでした。


多分、レジストリなどを修正すれば消えるのだろうけど、別に害は無いので、面倒な方法は嫌だった。

でも、鬱陶しい、2つ連絡先というフォルダがあって、片方は参照すらできないというのが。


そこで、ある折に調べてみると、マイクロソフトのサポートにLDAPディレクトリの不具合の記事があった。
そして、その対処方法に削除の方法があったのだ。


〔Outlook でアドレス帳を開くときにエラー メッセージ 「LDAP サーバーにアクセスできません (81)」 が表示される〕


不具合の症状は微妙に違うが、この禁断の「連絡先」フォルダがLDAPの不具合でこうなったことは分かった。
そして、この、表示だけされる「連絡先」の削除するメニューの場所も○○EMOJI○○140○○EMOJIEND○○
方法
1 Outlook を起動していない場合は、起動します。   
2 [ツール] メニューの [電子メール アカウント] をクリックします。   
3 [ディレクトリ] の下の [既存のディレクトリやアドレス帳の表示と変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。   
4 [ディレクトリとアドレス帳] で、削除する アドレス帳をクリックし、[削除] をクリックします。   
5 [完了] をクリックします。   
6 Outlook をいったん終了し、再起動します。   

サポートのほうにはLDAPの環境のことがなにやら書いておりますが、Exchange Serverなどを使っている場合のことなので、使っていなければ関係ありません。


これでやっと連絡先が削除できました○○EMOJI○○146○○EMOJIEND○○。

さすがに、[電子メール アカウント] のところで削除するとは思わなかった。思いつかないよな。


サイバーネット神戸の最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です