神戸 徒然の記, 【目の病気 結膜浮腫】白目の端っこの皮がブヨブヨたるんでシワシワして大慌て
サイバーネット神戸ロゴ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):

―カテゴリ別―

 


ログインして下さい。




カテゴリ優先順 日付優先順


2010/03/31/(水) 病気のこと しろぴ
【目の病気 結膜浮腫】白目の端っこの皮がブヨブヨたるんでシワシワして大慌て
結膜浮腫の目、目の端に膨れがある目の病気の写真は普通きしょいが、この人は可愛く撮れている
結膜浮腫の目、目の端に膨れがある目の病気の写真は普通きしょいが、この人は可愛く撮れている
妻が突然「目の端がシワシワしているような感じなんだけど」と言い、目を見てみると、白目の端の辺りが明らかに膨れていて、目をそちらのほうへ向けるとその膨れた皮がシワシワして折りたたまれ、いかにもつぶりにくそうになっていた

良く見ると、目の白目の部分、眼球が見えなくなる寸前の部分が透明に膨れていて、目がそちらのほうに向くと、膨れた部分が目の奥に滑り込まないで、目の淵でシワシワになっているのだ

そのふくらみが薄い透明な膜の裏で膨れているのは直ぐに分かった。本人曰く視覚に異常はなく、良く見えていて、痛みも、「目を動かすとシワシワする」以外ないとのことだった。
しかし、その膜がいかにも薄く破れそうで、危なげだった。


「なんじゃこれ

と松田優作風に驚いている場合ではなかった。

時は金曜日の午後7時15分ごろ、どこの医院も診療を終わる頃である。しかも、大阪市鶴見区放出駅周辺は眼科が少ないことで有名である。


ネットや診察券で調べれる限りの眼科医院や眼科のある病院に電話してみたが、どこも診察が終わりで電話に出ないか、そもそも金曜日には眼科の診察が無かったりした。

ちょうど診察の無かったコープ病院が大阪府の救急センターに電話してみればと勧めて、電話番号を教えてくれたのでそこに電話してみることにした。


しかし、この時間が問題だった。

通常診療が終わりかけだけど、救急・夜間の医療体制でもない。そんな時間なので、担当の方もどこを紹介すべきか迷っているようだった。


ところで、私は目が非常に悪く、網膜はく離なども起こしていて、毎年定期検査をして、また網膜下の出血で失明する恐れもあると警告されている。

なので、目の病気にはとても神経質で、妻の場合も、万が一を考え、じたばたしていたが、
目の表面は角膜以外わりと頑丈であることを知っていたし、視覚に異常が無ければ大抵治せると思っていた。

そこで、詳しく症状を説明すると、救急センターの担当の方が、「それはおそらく結膜浮腫だと思いますよ、多分数時間すれば治るでしょう」と言った

しかも、こちらが話していない症状もいろいろと的確に言い当て、電話の向こうにいながらとても正確で分かりやすい診断をしていた。

驚いて、「ひょっとしてお医者さんですか?」と聞くと

「いや、違いますよ」と、普通のおじさんだったのだ

ますます関心した。

こう言う電話の担当になって、これまでの経験やその際に学習した結果、相手の話す内容でその病状が分かるようになっているのだ。
立派な問診である。


結局、この病気は結膜浮腫というもので、目の白目の表面を薄い膜でおおっている結膜の下に、一時的な炎症(花粉症で目をこする)などで水がたまり膨れるものだった
花粉症の時期にはとても多いらしい。

この結膜はもともと目全体をぴっちりと覆っているわけではなく、目の上にコンタクトレンズのように置いているだけのような構造なので、すきまには水分がいつも出入りしている。それが炎症などで出入りのバランスが崩れるとこのような浮腫になるのだ。


このセンターの担当者や幾人かの病院の看護師、家庭の医学やメルクマニュアルなどを参考にしばらく様子を見ることにした。


数時間後には傍目に分からないくらいになり、次の日には本人も分からないほどになっていた。


念のためにしばらくコンタクトレンズを使わずに生活しました。
花粉症はやっぱり予防が一番。メガネはあると無いでは大違い、完全に覆わなくてもかなり効果があります。スカッシーのは安い。子供用もある。


自分の場合は、不細工なメガネ?と思われるのが嫌なのと、大抵マスクと併用するのでこっちを使っています。

曇り止めはお湯と家庭用洗剤ですが、専用のものなら

そこらの洗剤と効果の差はありません。曇り止めにはマスクの密着性を高くして、ゴーグルを先にあたためておく(部屋の暖かいところに置いておく)方が効果的です。


病気を調べるときはこっちを使う、
「家庭の医学 病気がわかる事典」

ネットでも大体の事は分かるけど、たまに無責任に嘘が書いてある時があるので、確認は必要。
まあ、インターネット版メルクマニュアルなら嘘はないと思うけど、ちょっと症状が探しにくいので、やっぱりこれが必要。

病気の本ばかり読んで、心配で気が重くなったときには薬の本を読む。
「くすりの事典」

いろんな効果的な薬がいっぱいあって少し安心できます。医学の進歩は凄い。

関係ないけど、眼の話で面白いのはこれ、
「眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く」

良く売れています。科学ドキュメントの好きな人には良いと思います。


でも、早めに眼科(医者)へ行くのが最善ですね


参考にしたサイトはこちら。
簡単で分かりやすい説明
感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.